@0821警視庁「慰霊碑」の摩訶不思議で更新

DSCN1795@御巣鷹山「昇魂の碑」の上「X岩」付近の警視庁慰霊碑名のだが、左手前の星条旗風車は「同行」の知り合いが持参した物で、その意味合いは実に「微妙」です、問題はこの慰霊碑だ、!何故【警視庁派遣部隊の建】何故【】の文字が無いのか?その意味が解読出来ました。

@本来は警視庁の「慰霊碑」が此処に或る事自体がおかしいのです、理由はJAL123便乗員「520名」の死亡者以外に死亡者の発表はされて居ないからだが、実態はこの「慰霊碑」が示すようにそれ以外にも実に多くの「戦死者」が存在した訳です、今回はその中の「警視庁」関係者の「戦死者」について真実を公開致します、写真で解るようにこの慰霊碑は「アルミ板製」腐食する事は無い半永久的に残る異様な立派な物ですが、一つ重大な秘密が込められて居ました「文字数」です、何故「9文字」で彫刻したのか、?何故最後に有るべき文字「」の文字だけ彫刻を忘れた?のか、冗談じゃ無い忘れる筈が無い、其れは意図的に「除いた」のです、その理由「」を入れて「10文字」の意味が成立する、つまり「」=パイロットの事であり彼が居てこそ「救助ヘリ」が動くわけだが合計で「10人」が「戦死者」だった事が此処から判明致しました、仕様書からUH-1型ヘリの搭乗員数はその数【10名】前後なのです、「殉職・戦士」した警視庁職員の人数が「」の文字を入れて「10名」と成る様に「碑文」に仕込みを入れた事だと解読出来ました。>「縦横」の【】は「ヘリ」を意味する【横】は通常の飛行機を意味するから、「ヘリの搭乗員・戦死者」をも意味して居ました、其処までの仕込みで「」の文字を省いたのです。

皆様も慰霊登山をされた場合には必ず「昇魂の碑」だけでは無くこの「警視庁」の【慰霊碑】の前でも一礼して来て下さい、彼等こそ32年間隠蔽され続けて来た浮かばれない「戦死・殉職者」なのです、彼等の御霊が「私」に暗号解読のイメージをESPで送り届けてくれた結果だと考えて居ます。

@UHー1型ヘリの写真(同型機)を掲載致します、ただし外装の塗装は撃墜された当機とは違うかも知れません。乗員は「約10名」の仕様に成って居ますので間違い有りません、浮かばれない「殉職者」の御霊に哀悼の意を表します。ベル206 UH1@最後に警視庁慰霊碑の写真撮影時間です14:04=144〇です=弥勒△の基幹角度【144度】の数値を示して居ました、其れは原型が宇都宮市「当家」と「護国神社」「御陵牧場」を結ぶ両翼「18度」の大地への「ベクトル数値」を示して居ます。・・・2014年撮影の時には読めて居ませんでしたが、とうとうその「」の文字の不可思議の謎が今解けました。

 

野蛮人等に明日は無い未来永劫に許される事では無いから。

 

sy

 

@0821【魚尾】の「ポケット」公園で更新

pp@此処は神流町「魚尾」「ポケット公園」不思議な名前だが、脇にあるのは公衆トイレなのです、女性用下着メーカー「ピーチジョン」のヒット作「ポケットブラ」があるのだが、???何でそんな事を知って居るの?と言われそうだが、「友人」からの連絡で公園の存在を知らされ、実は数日前にそのブラの存在をTVで知ったのです、電話で聞いて「直結」した、ブラ=胸=ラブ=愛=EYE=目=射撃の標的>渦巻き?「蚊取り」緊張「ゴキジェット」「否亜裏」「箪笥にゴン」=「中山神社」写真右へと全てがつながったのです、上両者は至近地にあります、・・・結論は此処では言えないが是非国分寺へお出で下さい、信じ難い秘密が存在して居ました、是は正に「禁鳥」?状態が到来と言う事に成りそうです。・・・「金鳥」だろうって、?違います「禁鳥」=「JAL123便」関連の重大な秘密だから、~ヤッパリ其れは「緊張」のですよね、「」の話しも深く絡んで来ますから~~~♫ご期待下さい詳しいお話しは次回0909国分寺会場です=「第69回時事研修会」開催です。「再調査」に行って来ますから~~~~♫

何を隠そうとしても「何時かはバレルのです、「真実」は必ず湧き出して来るのです。全てを知る「天界」から必ず情報の流れが出て来る物なのです。

バレルも=そうですよ、「パレルモ条約」発効して来ましたから、動き出します、世界の「**波長」が変わりその周波数に同調出来る人達がドンドン優位に琴を動かせる様になるらしいです、つまり「野蛮人社会」の終演を迎える琴になるのだそうです、「地球の振動係数」が変わり根底から社会を変えて行くのだそうです。・・・今はそう言う時代の変わり目です、まるで「映画」の様なお話しですが、事実らしいのです。

 

sy

 

 

@0819歌の不思議【YMCA】西城秀樹で更新

ひでき22YMCA1

@バルセロナ事件から「ヒカルゲンジ」の五輪応援歌を引き出したのだが、もう一つ是は「西城秀樹」です、この曲は何故「1979年」に出て来たのか、原曲は米国産・其れとは全く違った意味合い「YMCA」と言う曲を大ヒットさせた、実に「アメリカ色」を色濃く打ち出してきた乗りの良い歌だったのだが、幾つかの重大な問題が含まれている事に気付かされました。

@西城の誕生日が「私」と同じだ、!見逃せない是は「サイン」?曲名ヤングマンは解りますが=YMCAとは一体何か、あの有名な「YMCA」とは全く意味が違うのですが、暗号的な解釈で見ると何と「私」へと言う事に成って居たのかも知れません、Yoshizawa・M(13)・CA(13)=吉澤「私」の事情です♫と言う事に成る訳です、誕生日数値の一致と合わせて是は一体何故、???

@1979年それは「SONY」がWalk-Manを世界に出した年です、そして「私事」だが会社を設立登記した企業年なのです、だとするとこの歌詞の冒頭6フレーズの意味が非常に良く合う訳です「それ行け」!と言うイメージが実に強く感じられる、是はまるで私への「応援歌」の様であります、当然是は「SONY」の事でも有り、同時に「私」の事としても非常に波長が合う歌に成って居たのです。

@実はこの曲が当時から「日本航空」関係で何かに着けて使用されて居た、その事は「JAL」ナショナルフラグ航空会社として「米国」との関係に暗いイメージは無く国中が友好ムードであった事が伺えるのだが、その後突然の【大事件】=「御巣鷹山事変クーデター」でその関係は一変した。

@時が過ぎて、・・・2014年つい最近の話しだが、成田空港第2ターミナルのある「イベント」でその曲「YMCA」をかけてゆるキャラ「うなり君」が踊っていたらしい、成田空港へもう何年も行って居ないので解らないが第2ターミナルには「日本航空」や「中華航空」が入って居るらしいです、両社の関係が?そう言う事なのか?・・・でもね、その曲「YMCA」は「私」の為の「応援歌」だと言う事を全く知らなそうですね、歌や曲目の裏事情のお話しなのだが、何れも充分に深く別の意味合いが仕込まれて居る背景が或る事の事実を皆様にもご理解を頂けると世の中が見えて来て読めると思います。

@バルセロナ・テロ事件に誘発されて「西城秀樹」の「YMCA」の裏話です、乗っ取られた「日本」&「日本航空」の実に微妙~~~なお話しでした。・・・更に面白いお話しは「国分寺」です。

【日本を取り戻す】

 

sy

@0819【乙女湖】の着工完成の訂正で更新

琴川

@0816の更新で記述した「乙女湖」の完成を1984年7月7日「七夕」の日だとして書いていましたが、其れは「乙女湖自然公園」の開園の日時でした、「ダム湖」=「乙女湖」の着工は1985年・完成竣工が2007年でありましたので改めて訂正更新致します。

@この情報では1985年着手と書いてあります、つまり「御巣鷹山事変」の後計画に着手した、其れはこの山深い渓谷に「御巣鷹山」から持ち込んだ「遺物」を多数投棄して置いたのだがそのままでは人目に付くからその少し下流に「ダム建設」をする事になり、急いで着工が始った、完成したのは2007年その後は人目に付く事は無くダム湖の湖底に「隠蔽」が完成したと言う訳です。

 

sy

@0819【キリル文字】の「さよなら」破片>写真追加掲載

a011aキリル文字でさよなら@明瞭度が良く無いのですが、其処には確実に「キリル文字」=ロシア語で「さよなら」と書いてある機体の残骸が発見されて居ます、「ソ連軍」のパイロット又は乗員が書き残した物で或る事が解ります、その情況を考えて見ると、本国からの命令で突撃せよ!と言われて戦闘行為に参加して居た事が伺えます、JAL123便=ジャンボ747SR型には反重力装置が搭載されて居て例え「全エンジン破損」をしても墜落しない装置が搭載されて居ました、・・・その結果そのまま体当たりで堕とせと言う事だったのでは無いか?そうであるなら遺書を書く代わりに機内の壁面に書き残した「さよなら」だったのでは無いか、と推測出来ます。対称のソ連軍機MIG25・Tu-95b・Tu-22等が考えられます。

@JAL123便747SR型機に搭載の「反重力装置」とはその年に開催されて居た「筑波万博」のマスコット「コスモ星丸」で解るように「UFO」に乗るキャラを考えて見れば解る事だが既に「UFO」のような乗り物が完成していて、その装置が民間旅客機の「一部」にも採用されていた、「エアーフォースワン」米国の大統領専用機が今でもジャンボ機を使って居る訳は其れです、・・・

@つまり、JAL123便は「ミサイル」を被弾しても「墜落」しなかった訳であり、其れを撃墜するには更に過激な手段で攻撃する必要があり、「機体事、神風特攻」で堕とせ!と命令をされた可能性がある、事実123便の垂直尾翼の一部に「Tu-95b」の二重プロペラ特有の擦過痕が着けられている状態で発見されて居た、・・・

@つまり、「123便」は撃墜されたのでは無く「軟着陸」を成功させて居た、その事は着陸当時は相当数の乗員乗客が生存していたと考えられるのです、油圧系統が駄目だから軟着陸を成功させても機体外に出る事が出来ずに乗員男性数人でドアを何とかこじ開けて脱出した、その中から「3人」がとにかく「下山」して救助隊を喚びに行く事と成り下山して行ったらしいのだが、もっとも「元気」だった筈の「3名」は未だに行方が解らない、つまり、・・・その後の情況は戦闘の最前線ですから、此処で何が行われたのかの詳細を書く訳には行きませんが、地獄絵図が展開された事だけは事実です。

 

sy

 

 

@0817「バルセロナ」でテロ事件・連想構図で更新。

 バルセロナ事件@バルセロナ事件(テロ)で連鎖的に思い出された事案です、「ヒカルゲンジ」の五輪応援ソング?その歌詞の意味について18日朝日朝刊の一面を見てまとめた「一部分」だけ掲載いたします、歌詞の最後のフレーズ=是は確実に「地面を分ける私の気」と読み取れる訳です、確実に「死者の御霊」の「気」が「私」の「気」に同調して「共振」して「地割れ」を大きく拡大して不遇な成仏できない「御霊」の無念さが「私」に伝えられたわけであり、その事が既に1972年の時点で予測出来ていたのか?と言う不思議さを感じ無いではいられない部分ですが、実は不思議でも何でもない事なのです、「天界」の意識で出て来た事である筈だから、「時空」の意味が無くなる事象が出ている訳です。最後の一説だけを書きましたがすべてがそう言う解釈が出来る訳です、その他の詳細は国分寺でお話しいたします。

@バルセロナの事件で亡くなられた皆様にはお悔やみを申し上げます。

 

sy

@0817遅れて居るが「中華航空113便」&「台湾停電」で更新

@「中華航空CI-113便」が電気系統のトラブルで緊急着陸事件発生=午前9時20頃「広島空港」を離陸した同機が「福岡空港」へ緊急着陸した事件、発電系統のトラブルと言うのだが、???

@0815同日の事件で「台湾全土で大規模停電」が発生した、何故「同日」なのか、?しかもどちらも「発電機系統」のトラブルである、中華航空の113便とは=311福島原子力発電機破壊と陰陽数値である事が偶然なのか?・・・

@発電機事件=【発電機】と件=の件=「琴川ダム」には発電装置が無い、つまり「発電機」:「無発電」の陰陽構図が成り立つ、其れはこの2件の事故について「琴川ダム」の異状な構築に疑問を持たせる様な「仕掛け」に成って居たと考えられる、発電設備の無いダムが何故造られたのか、?その湖底には何があるのか?中華航空機件と「台湾全土」に及ぶ「大規模停電件」が同時発生の意味を考えさせる為の「仕込み」であると言うが考えられます、この仕込みが「台湾機」と「台湾全土」の停電でヒントを与えて「琴川ダム」の異常さに気付き、その湖底には「航空機」の残骸が多数沈められ隠蔽されて居るに気付よ、と言うだと確信をする、1985年「御巣鷹山事変クーデター」は「台湾主導」で実行された、そうで無ければ今回の「台湾機」と「台湾全土」の「発電機系統トラブル」は同時発生する筈が無い、実に驚きの裏工作によって「真犯人」を「台湾」だと公開して来たが読み取れます、遣りますねまで緻密な計画の元で台湾関連の二つの件が「同時発生」した訳なのです、日本国民はこの実を理解出来ない筈だが、現実を暗号的解釈で読み取れる様な仕組みで件が同時発生して居るは誰にも否定出来ません。何でもそうだが、何時の場合でも本当の「黒幕」は一般にはその姿が見えません、「御巣鷹山事変クーデター」でも同じです、其れが「クーデター」だったとは誰も考えもしません、しかし其れは完全な「クーデター」であり、真犯人の姿は全く見えなかったが、此処では「台湾」だと理解するが出来る。

 

1985年から事実上「日本国」は中華客家勢力に占領されたと考えられ、日本国の長期低迷時代が始まりました、同じ敗戦国=米国$の大暴落と共に、但し「日本円」は敗戦国では無く逆に「戦勝国」として円高へと誘導されて来ましたから、誰も「日本国」が占領された等とは思いもしませんでした、バブルが終わり「奴隷制度」が定着「非正規雇用」や「派遣」が横行、多くの国民は年間所得300万以下の低所得層の激増の事実は占領された国家の象徴では無いのか???もう此処には「日本国」が無い「日本国」はほぼ「外国勢力」に乗っ取られ日本人の為の政治をやる人が居ません、在日系の議員が官公庁等に多数進出して何処にも「日本人」が居なくなった、雇用機会均等法の解釈が大きく間違った方向へ解釈されたせいなのかも知れません、・・・2017年要約そのに気付いた米国側からの動きで、是から「マイナンバー」や「共謀罪」の適用で巻き返しが果してどれだけ出来るのか?期待はは出来ませんが、時計の針が逆回転を始めだした実の様で或る、「日本を取り戻す」その為には日本人の覚醒が必要不可欠である。

 

詳しい分析結果は次回「国分寺」でお話し致します、ご期待下さい。

sy

 

@0816乙女湖・琴川ダムは不思議だから~♫!更新。

CH47乙女湖琴川ダム@乙女湖「琴川ダム」の完成は1984年7月7日です、高地でのダム建設は相当大変だったと思います「大型ヘリ」で資材を運んだのでしょうね?「ダム」の全景を出すのに2枚の写真をつなぎ合わせて見ました。

@Wikiからの情報を分析=完成=1984年7月7日「七夕の日」だから「乙女湖」としたのかも知れません、非常に良い発想ネーミングですよね、しかし暗号的に分析をすれば、77=スコーク77は航空機緊急通信番号です、???何故、乙女=陰陽で見れば「野蛮人」・・・つまり双方共陰陽で考えると、七夕の織り姫に対して「真逆」の意味、陰陽で彦星(コスモ星丸)?=【航空機の危機&野蛮人】が出て来る意味付けに成って居るのか、1985年8月12日の1年前には完成して居た、そのネーミングの中に既に暗号的手法「陰陽法」で実に微妙な意味合いで命名されて居た事の意味はどう捉えるべきなのでしょうか、?完成して居た「湖面」の鏡に映し出された「CHー47」は一体何を運んで居たのでしょうか、???全ては推理の憶測で考えて見ると此処は、「そうだったのか」・・・!!!

808379i

太陽の国の「万博」であるのに何故「星」のキャラを使ったのか?

@写真撮影時間0812正にその日=16:14=4:14=2枚共に144弥勒△の基幹角度の数値が出ていました「天界」の怨念の数値が出て居る事に成る訳です、其れは永遠に終わる事は無い筈です。

 

sy

@0813【ノコギリ岩船】は12機だが見逃がせない。

1@現在のロシア領「クリル諸島」付近だが、「地図ベクトル」は後で出す。

234

@ 12機分の「ノコギリ岩船」の相関関係は全て「御巣鷹山事変」関連だ。

56@地図ベクトルの解釈については説明が居る筈だが>0909国分寺です。

sy

 

 

@0813異常な体験で更新。

DSCN4906@昼から「山」へ出掛けたのだが、交通渋滞で途中実に変な「山」を見付けて撮影した場所は神川町辺りだったかな、~~~撮影時間16:22=6:12羽田発JAL123便の事情2黒ですあの「髪型」の変な流行は此処が「発祥の地」?なのかなあ、~~~

 DSCN4917@是は帰路で撮影した物だが、この「丸太」は一体何なのか?使用する為に切りだした物では無い、意味なく此処へ積み上げられて居る訳です、かなりの本数である、しかもかなり昔から此処に置かれて居る訳です腐り具合で解るのだが、「1985年」頃に置かれた筈で或る「丸太」とは731石井部隊が使い始めた人体実験で亡くなられた「遺体」の事を言う訳です、此処にはその関連する何かが隠蔽埋葬して或ると思えます。・・・撮影時間18:02=812〇>何故812御巣鷹山事変クーデターの「数値」が出て来るのか、?不思議すぎる一致である、つまりそう言う事なのだろう。

左壁@山へ到着国道299の県境付近かな?・・・脇道に歩いて入山、10分位歩いたか、不思議な側壁が出て来てその先は少し開けた場所に行き着くのだが、側壁の先が異常な「盛り土」で広く覆われていた、立木やその他の植物の育成具合が他と違うから解る事だが、此処へ手を加えて盛り土で何かを隠した場所と推定出来ました、此処に一体何が隠されて居るのだろうか、?・・・

盛り土@上左は明らかに「盛り土」と解る部分です、上右は平坦地へ出て来て更に左側山側はかなりの「盛り土」で造成された事が周囲の樹木の生長度合いで解りました、意図的に此処へ何かを埋めて「盛り土」で隠したとした思えない場所なのです。

IBB@解りやすく図解しました、おおよそこの様な構図になって居る筈です。

DSCN4916@是は道路部分の「亀裂」である、「長者の森」駐車場・テニスコートの其れとは場所が違うが出方がほぼ同じで或る「亀裂」が此処でも出て居たのです、つまり「盛り土」「丸太」「亀裂」3拍子揃って居る訳ですから此処は疑う余地がありません、間違い無く多くの「ご遺体」が埋葬してある場所だと断定出来ると思えます。・・・撮影時間17:56=5:56=123便撃墜時間では無く「軟着陸時間」の1時間前だ。

DSCN4918@国道299「十国峠線」の陸橋を向こうに見て魔のカーブ付近から撮影したのだが、複数回の「バイク事故」が起きて居るポイントだと言うのです、事故は複雑な原因で発生する、此処は無念の御霊が浮遊して居るエリアだと思えますので事故原因はそちらの関連だと思えて成らない、国道から此処への入り口付近に何故かこの時間帯女性の自転車ライダーが「一人」で待機して居た事が不思議で成らない、目的と何処の誰なのか、???途中で暗くなるから引き返して来て同じ場所「撮影ポイント」だから此処に来て撮影をして見た。・・・撮影時間18:07=187〒番号なら私で〇です、「小平市」だから、呼び込まれて居たのか?

オーブ@ 十国峠を戻って来て「上野村」へ到着はもうすっかり日が落ちて真っ暗でした、何時もの様に「慰霊の園」へ立ち寄り真っ暗闇の中で「焼香」を済ませて暗闇撮影の一枚です、はっきりと写って居ました、是は間違い無く「死者の御霊」であると思えます「拡大」して見ると、是は大小二つの「異様」な色の「オーブ」です、「長戸沢」で出て来た「親子鹿」の事もありますからそうなのかも知れません。何時までも成仏出来ない「御霊」なのでしょう。・・・撮影時間19:58=1985年の数値に成るのは偶然か?だとしたら「私」には「偶然」が怒濤の様に出て来て居る事に成ります、其れは「偶然」だとは言いません。・・・この辺では特に異状だった事は実に多くの「動員出動」の偵察及び「事故の誘発」を誘う動きが余りにも異状であり「多数」の動員には驚かされました、つまり余程「野蛮人」等に取って此処は問題を多く含む場所なのだろう、カーブで何度も接触しそうなほぼ妨害走行を仕掛けられました。

 

32年目の「御巣鷹山事変」例年とは違った多数の新事実を「私」に見させてくれました、「天界」は間違い無く事件の真相を早く公開しなさいと言う事を「私」に伝えて来てくれています、是からその動きが加速する筈です、・・・事象の分析と公開が遅れ気味でありますが是から更に新事実の追求と公開を急ぎます、ご期待下さい。

 

sy

 

 

 

@0812昼から出掛けた【山梨県】山は不思議?

 DSCN4867

@御巣鷹山事変32年目「半旗」を掲げて出掛けました、「山梨の山」へ?市長も不正発覚でサインが出ていたから交通の混雑覚悟で、?撮影時間11:13=213・13=123便だよ「13」番私の数値が出ていた!

DSCN4870@クリスタルライン「乙女湖」?「乙女高原」付近です、近くには「倉沢山」???以下の写真を見て下さい、此処は「山梨県」です、長野県「北相木村の「長者の森」ではありません間違えないで下さい。

DSCN4881DSCN4882DSCN4883@此処は山梨県の「山中」ですが道路脇の駐車場?不思議な構図の不可解な「駐車場」です、林道の道路部分は上写真の左側だけです、問題はこの駐車場の「ひび割れ」です長野「北相木村」「長者の森」のテニスコートと駐車場のひび割れと出現の仕方が全く同じ形です、この意味を良くお考え下さい、此処から御巣鷹山迄の直線距離は非常に近い場所です、ヘリならば「10分」も掛かりません、情報筋の話しとしてこの辺に「88體」程の御巣鷹山事変の犠牲者が埋めてあるそうです、この地面の「割れ目」が我らに訴えかけてくる、「長者の森」での体験と同じ物を感じて居ました、此処には間違い無く隠蔽の埋葬場所で或る事が理解出来ました、偶然だが「88體」=「88玉音放送」の数値と一致していた。

DSCN4887@ここは別の場所です、何故道路の一部でこの様に大きく膨らませて舗装が施されているのか、?しかもここでもあの「ひび割れ」が出て居る、やはり道路脇に「遺体」を埋葬したのか?と思わせる程の全く同じ様な光景に車を降りて上から写真を撮影しました。

DSCN4888@直前の写真と同じ場所、明るさが違いますが、方向も変えて撮影しました、道路部分は左端のほんの僅かです、それに比べてこの余分なスペースは何故必要としたのか、?その答えはこの舗装地面「割れ目」を見て全てが納得する訳です、「長者の森」と同じ絵柄です。

DSCN4900@帰路です>予定の行く先から途中で引き返し、先程の駐車場へ又戻って来ました、この「ひび割れ」を良く見て下さい、「ガードレール」の外側は何故この一帯だけ「立木」が無いのか?も不思議ですが、其れよりも「臭い物に蓋」をした、この駐車場が悲劇の犠牲者の埋葬場所で或る事が確実に推測出来ます。

 DSCN4894@駐車場の真ん中ほどに「線香」をあげて「焼香」をしてきました。

DSCN4903@帰路は「雁坂トンネル」を抜けて「秩父」ルートで戻りましたが、トンネルの中程「埼玉県側」辺りにこの巨大な「横穴」が3箇所ありました、この中には決して公開出来ない、見せられないその他の「異物」が今でも保管されて居るらしいと言う事です、撮影時間18:27=812御巣鷹山事変32年前の今日の日付&7玉音放送の「お務め」の文字の数値です、アリエナイ「シンクロニシティ」の現象です、御巣鷹山へ軟着陸(撃墜)の「29分前」の時間で或る=219=6:12の数値もこの写真に出て来て居るわけです、是が「32年目の御巣鷹山事変」慰霊の一日でした、・・・「割れ目」という文字を報道で出て来たのは大分県「豊後大野市」の山村で異様な地面の「割れ目」が出現し「村人」の一部は危険で避難したことから出て来た現象だが、その行き着く先は「長者の森」であり、「乙女高原」の「駐車場」の事だったとは驚きです。何故大分県か?「村山富市」「社民党党首」が日本国首相に成ってしまったから、?その背景はたどって行くと「1985年」「御巣鷹山事変」へと行き着くからではないか、?「地割れ」の行く先がここであり、「長者の森」である事の意味はそう言う事に落ち着く。

 

新発見の隠蔽埋葬の場所「乙女高原」のこの地であることが解った事、「慰霊の焼香」をして来た事で今は安堵の疲れが出て来ましたが、不遇の死を遂げた犠牲者の「御霊」はお礼を言うが如くその場を立ち去る時に合わせて「小鳥」が10数羽草むらから飛び立ち山の向こうへ飛び立って行きました。・・・此方の意識が天界に通じた事を確認出来ました。

sy

 

 

@0812「御巣鷹山事変」32年目です。

 せんこう@長野県北相木村の山中「長者の森」≫「カチンの森」へ【線香】をあげてきました、此処は【弔問者の森】つまり多くの御霊(被害者)が極秘裏に埋葬されて居る場所だから、施設の何処を探しても「焼香所」がありません、当然です極秘裏だから、~不遇なあの日の犠牲者達が此処で無念の極秘裏に埋葬されて居るのだから、・・・世界は此処を無視してはならない場所です。

 

sy

@0808玉音放送から1年目昼前突然閃き「御巣鷹山」へ行って来た。

 DSCN4844

@長戸沢砂防ダムへまっしぐら、あの2頭の「鹿」が出た場所、消えた場所だから、是程の「砂防ダム」を此処に造る必要性があったのか?「長者の森」の砂防ダムも同じだが、何らかの重大な「物」を絶対に流出させてはならないと言う事から寄り強固に「せき止めダム」を建造して居る訳です、1985年JAL123便の乗客の中の生存者主に「子供達」が此処へ連れてこられて殺害埋葬されている場所だと聞いて居るからです。

NTZ@是が礎石ですが、何故「M」字型なのか?其れは「M=13」=「私」を示す数値に合わせてある、何時か「私」が此処へ来てこの「蛮行」に気付く事を期待しての事なのかも知れません、気付きましたよ何故123度の角度で造られて居るのか「JAL123便」の犠牲者が此処にも埋葬してあるからです、何故「96度」の傾きで造るのか、普通に考えれば「直線角形」でも良い訳ですから、・・・其れは「96=巴」=当家と宮家の敗戦を示す物で或る事は「コード13番」の私なら気付くからです。

@標高1064mとあります、しかし何故高さ18mなのか、?・・・1064+18=1082mつまり、0812=「御巣鷹山事変」の数値に成るようにしてある、長さ61mとは・・・0812&61=08・6:12・1位置に成る数値である、数値アナグラムで確実にその日を意味して居ました。

DSCN4847@前回は、長戸沢ダムの脇から「鹿」が沢へ降りて行ったので今日は「私」も沢へ降りて見た、鹿の消えて行った方向へ歩いて行くと突然物音が、!ヤッパリ「子鹿」が待って居たのです、普段は絶対に人は降りて来ない地域であり「鹿」に取っては安全な場所だから、道路で待つ寄りも此処なら安全です、私の姿を見て更に奥に消えて行きました、持参のお菓子キャラメルとドラえもんの飴を置き、線香を添えて焼香して戻りました、勿論火は着けませんでした。・・・ヤッパリ「鹿」は私が此処へ来ることを解って居た、何故か?で或るが、午前中会社で閃いた瞬間にその情報は「天界」へ連絡がつながって居た筈だから、必ず何かがお迎えしてくる筈だと考えて居た事が正に此処で現実となった訳です。・・・「私」の閃きが伝わったのでは無く「私」に閃きを指示した、早く行きなさい「長戸沢」へと言う事だったのだろう。

DSCN4855@長戸沢での「焼香」を終えてそのまま第2駐車場迄行ってから、ゆっくりと下山して来たのだが、その途中でこの小鳥が私の車を怖れること無く道の真ん中でうろうろと、???此処は山側に近い此処で何故か首を傾げて左側の積み挙げられた「丸太」を見上げている処を撮影して居た訳です、・・・この意味が実は重大なのです、此処は「長戸沢」を過ぎて200m位降りて来た場所です、「丸太」の意味を考えて下さい、鉄道用語(隠語)では「死体」の事を意味します、つまり此処には「亡骸」が埋葬して在りますと言う事を伝えて来たのです、この鳥の種類は「キセキレイ」黄色い羽根が混じるセキレイです、キセキレイ=奇跡の霊魂と言う理解も出来る鳥です。・・・「白セキレイ」の話しは以前やって居ますから、その流れがここまで連鎖してきて居る事が解ります。

キセキレイ@処がもう一羽の「キセキレイ」がとんで来ました、つまり2羽が道路の真ん中でうろうろ始めたのですが、写真撮影は簡単では無い、小鳥だから、ある程度望遠で寄せて写さないと「小鳥」が識別出来難いのです、カメラアングルとか手ぶれを考えると撮影は難しいのだが偶然2羽のこのショットが撮れて居ました、何故「17度」と言う激数=台風の誕生等の数値で撮影出来て居たのか、???5号台風もまだ山の向こう側「新潟付近」に居たのですが、幸い天候は問題ありませんでしたが「17=激数」で出て来た訳は32年前に此処で過激に惨殺された「子供達」の事を「私」に伝えて来たわけです、帰る前にもう一度念を押しに「2羽」で飛んで来た「天界」からのお使い「ヒッチハイカー」だった訳です。

DSCN4859DSCN4862

@何時もの事だが、「慰霊の園」へ立ち寄り焼香をしてきました、誰も居ませんでしたが綺麗に慣らされた線香皿の中に「3本」線香を立てて置きました、0812「32年目の記念行事」の準備の為のテントが張られて準備が出来て居ました。

 

*午前中は会社へ出て居たが急にそうだ「長戸沢」の子供達に会いに行こうと言う「閃き」を与えてくれた「天界」はヤッパリそれなりの受け入れ態勢が出来て居た事が改めて理解出来ました、行く途中で友人から電話があり、それなら「子供向け」の「おやつ」を持参して行けば良いと言うアドバイスを受けて途中で飴等を持ち込んで行きましたが大変貴重な体験をしてきました、「32年目の御巣鷹山」直前の「慰霊」の訪問は「長戸沢」の子供達へ、ご冥福を祈り、・・・無事帰宅は8時頃でした。

 

sy

 

 

@0807昨日の「岩船」分析結果で更新、予告記述が或るよ、!

 1GK@1号機なのだが、・・・穏やかで無い記述がありますけど、?共謀罪施行や「パレルモ条約」の関連のお話しでは無いのかな、~♫「ゴキ族」や「否亜裏」族の皆様~♫ご注意下さいね、相当ヤバイ情況が黙って居てもやって来ますからね、・・・教訓=「災難は隠れて居ても遣って来る」~~~箪笥に隠した「権」コンさん?や「林」さん?罠が仕掛けられますよ、~聞こえて居ますか???奴等に「私」が注意報出していいのかなあぁァ~~~でも暗号で出ているから~~~施行はあと何日だったっけ、???

 

 

@0806朝から墓参へ出掛けたので更新スナップ写真で、・・・

 DSCN4816@此処は秩父市下吉田【椋神社】です、秩父事件「困民党」の決起集合場所でした、最近完成した大鳥居が迎え入れてくれました駐車場所は木陰です、鳥居越しに見える右側の車が「1230」私の車です、撮影時間=11:20=213:210=1230便・21ブラックジャック〇と言う数値でした。

DSCN4817@此処は世界でも有名な「ロケット打ち上げ」の奇祭「龍勢」で有名な神社でもありますが、カメラの方向を変えて山側にはその打ち上げの櫓「ランチャー」が何時でも見る事が出来ます。・・・不思議な神社でも有名です。・・・境内の本殿に参拝をして後、お寺の住職様が出て来られて挨拶を交わし、本殿とは反対側の100年記念の銅像を見て行って下さいと言われて改めて見て来た銅像と、帰りに社務所に寄って下さいと言われ頂き物を貰いました「レプリカのブロンズ像」です、並べて掲載致します。

記念碑@木立の中に建立された大きな「銅像」です撮影時間11:28=213:218=123便8月12日と成ります、何故その様な数値で出て来るのか?偶然だと考えるなら全く貴方は「覚醒」する事が出来ないでしょう、全ての時間や数値には意味があり、言葉を持たない「天界」との唯一の意思疎通の方法だと理解して下さいと言うより「騙された」と考えて疑う事無くそのまま理解して世の中を見ていって下さい、今まで見えなかった事が一気に読み取れる様に成ります、その現実的な事象を幾つか体験する毎に「天界」への理解が進みます、「天界」を無視して唯一信じられるのは自分自身だとか「カルトの教祖」様だと考える連中がこの人間社会を寄り邪悪な「野蛮人社会」へと変えて来た訳ですから。

DSCN4821@銅像の脇にある「石碑」です、「秩父困民党」が武装蜂起して此処に集結したのは「明治17年」とあります、何故「17」なのか?「カバラの激数」であり、「台風」としての規格の問題だが風速「17m」を越えると「台風」の認定で命名される事とつながります、秩父事件と台風が関係あるのです「17」の数値でね、!・・・台風5号現在通過中だから重ねて言及するのだが、何故「5号」は四国「安芸市」付近から和歌山~三重・岐阜・長野・群馬・新潟から山形・秋田方面を伺って居るのでしょうか、?充分に成長をさせて狙いを定めて日本攻撃?して居る、其れはまるで「台風」が意識を持って動いて居るかの様に見えませんか?・・・当然です自然界の全ての物には「意識」がある、人間界の「野蛮人」等だけが悪の意識の元で悪政を行使して居る訳だから、善と悪との戦いの構図の中で何も知らない常識人が揺さぶられてがむしゃらに生きて居る訳では無いのです。・・・話しがだいぶ反れたが「明治17年」という背景をもう一度考えて日本国の歴史の「闇」を是非理解して欲しい物です、「碑文」は拡大してじっくり読んで下さい。

DSCN4823@秩父事件関係略図が啓示されて居ました、此処はじっくり見て下さい、彼等が何故蜂起したのか、彼等の決意の正当性が其処には確実に或る事を理解して下さい、解りやすくもう一つ部分だけのスナップを掲載致します。・・・撮影時間11:31=213:311=123便事件・311福島と同じです、???

DSCN4822@此処は拡大して見て頂きたい部分ですが、右半分「下吉田」と或る処に×印が有ります、此処が「椋神社」であります、その後中央部分に又×印が在りますが此処が「魚尾」戦闘場所だそうです、更に最終的に左端「東馬流」この×印が全員虐殺された場所で有り、此処に彼等の「お墓」があります、住職さんに是から「お墓」参りに行って来ますと言う訳です御礼を申し上げ「下吉田」を後にして、「魚尾」を経由して長野へ向かいました。

DSCN4825@小海の 農産物直売所が新装されて居たので立ち寄り「花」を2束買い込んで水は持参してきましたからその足で「お墓」へ向かい焼香をしてきました、但し如何しても気にいらない事があります、墓石の文言が「秩父暴徒」と刻んであるから?です、何故だ!其れは恐らくは時の政府が暴徒としてで無ければ建立が許され無かったのではないか、?・・・此処で虐殺された「戦士」達にはこの「文言」では御霊が浮かばれない事が容易に想像できます、事実今日ここへ来た理由は浮かばれない「戦士」達の霊が頻繁に出て来るという人物が居て其れでは行って来ますと言う事から出て来た「墓参り」だったのです。・・・後から聞いた話ですが、その後ぴたりと「野武士姿」の霊の出現が止んだそうです、皆様安心されて穏やかな笑顔で消えて行ったらしいのです、夏のお化けの話しでは在りません全て事実の話しです。

DSCN4826

@ 焼香を終えて休憩処で参拝記帳をして来ました、時間14:34=14:314=144弥勒△基幹角度&413私の数値が出て来て居ました、「天界」のご意向が良く理解出来る数値でありました。

DSCN4827@此処は「東馬流」駅から直ぐ近く「諏訪神社」の脇にありました、撮影時間14:36=1436=413私&6=9=供養と言う事に成りそうです。この後車に戻り帰路へ向かうと途端に急激に土砂降りのにわか雨が降り出しました、・・・運が良かったな?では無いのです、報われない「戦士の御霊」達の嬉し泣きの涙雨だと直感しました、・・・「霊界」との意思疎通とはこの様な形で行われるのです。

 

「霊界」や「天界」を貴方は信じますか?それとも信じませんか???今回の更新で「私」の体験ですが、此処から是非とも理解をして頂きたい物です、其れは確実に存在して居て常に皆様の脇に居られます、但し物理的な目に見える形で接触してくる事はありません、貴方のセンサーに対して何らかのお知らせとして接触してきますので理解を深めてください、センサーの受信感度を上げて下さい、訓練をしないと感度が上がりません、多くの症例で是から更に詳しく説明を重ねて理解を深めて下さい。

 

sy

 

 

 

 

 

 

 

Posted on: 2017年8月7日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です