rr

@米国海軍の空母「ロナルド・レーガン」と意外な私との関係がある事が解りました、何かにつけて出て来る「ロン」との係り、今までは故人の事なので意識界「霊界」での私との係りかと勝手に思い込んでいたのですが違いました「空母」として生き続けている、其方との係りの事としても理解すべきであったので、改めて調べて見たら「驚き」でした。主要経過は以下の様に公開されています。

@発注=1994年12月8日真珠湾攻撃敗戦日にしてある。

@起工=1998年2月12日2112m「御座山」の標高位置にしてある。

@進水=2001年3月4日200&134=百(茂=稠)に=413「私」である。

@就役=2003年7月12日=7:12=加減=7<>1=6:12分&8月12日JAL123便

米国は「私」及び「当家」を必ず主体的に考えて何かを決めている、その理由は「ヨシュア家」であるからです。

世界は皆其の事を知って居るが日本だけは全く隠蔽されている。

空軍旗とエンブレムを参考に掲載致します、デザインの基本は「私」と同じです「4&13」ルーン文字「S」は太陽Sigelを意味します、デザイン的には「稲妻印」2対8本の「S」字型の「矢」がそれです。

空軍旗空軍旗

 

 

 

@空母の件に戻るが、4件の日時についてこれ程の拘りを持って造り上げて来た「空母」の中にやっぱりありました「私」のコード「413」です、済んだ事「真珠湾敗戦」については良いとしても、アメリカは絶対に忘れない「悪夢」として1985年8月12日「御巣鷹山クーデター」による敗戦の事、その戦いは今でも継続されている、その象徴として作り上げた「空母」が本艦ロナルドレーガンだったのです。

最初の発注が1994年12月8日、私が独学で動き出した暗号コードの学習は1993年からです、時間的併走状況にあった事が初めて理解出来ました、意識的なベクトルは全く同じ方向を向居いて居た訳です、相互に何の係りもありません、今でもそれは同じですが、お互いその存在は相互に理解はしています。意識は無い物の人類の進むべき指標は間違いなくそのベクトルの方向である事を信じて疑いません。

 

 

 

Posted on: 2015年1月27日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です