横田基地

埼玉県の略図です、大まかな位置関係が解ります、米軍横田基地は至近地にあります。

@予報図から比べて見て頂くと発生源が推定出来る「毛呂山町」であると申し上げて居る訳ですが、何故なのか?その理由について申し上げます、是は仮説でありますが、私は確信を持って断定出来ます。

@地図で見ると飯能市と接して居る「毛呂山町」つまり是が主因です、飯能市吾野には御存知「御嶽山神社」が有ります、『東郷平八郎元帥』『乃木希介将軍』らの銅像があり、其処は日本の戦いの神が宿る聖地だと申し上げて来た其れが「標的」とされていると思われます、論理的であり充分にあり得る事です。

敵はこの様な小さな事「作戦」を10年・30年・50年計画で静かに進めて来ている、完全に気付かれない内に目的を達成する「静かなる革命」を進めているのです、是は良く解る、私には良く見える侵攻作戦なのですが、一般人には全く気付かれる事は無い、更に問題な事はPM25だけでは無く日本社会構造総てに於いてその作戦が進行中である事です。

@その飯能市から東京都青梅市を経て『米軍横田基地』まで実に近い、直線距離で10Km程度です、歩いても行けます、つまり狙いは確実にこの二つです、『東郷元帥』らの霊界の波動と『米軍』を狙う敵方とは一体何処だと思いますか、そんな事が有る訳が無いと考える一般常識的な発想ではいけません、大きな間違いです、その様な「野蛮人種」が此の国には五万と居るのです、貴女の町にも、お隣にも。

@明治維新より急速に「弱体化」されたが「天皇家」には脈々と伝わる情報網がある、「犬・歩・草」と言われる独自の影の民間組織です、其れは「野蛮人」らが持つ軍事力には圧倒的に劣る軍事力を補う為の独自の情報網であった訳ですが、現在では殆ど消えた、その理由は「資金力」現代の国際社会では圧倒的に「金」が物言う社会です、莫大な資金で総てを買収して思いのままの政治をする、その裏に居るのは「金満国家」日本は一気に劣勢に追い込まれて【失われた何十年】?と言われる経済状況から考えて見れば其の事は解ると思う、もう此処に『日本国』は存在して居ないに等しい惨状が有るのですが、一般には全くそれと気づかれる事はありません。

同じような事を経済学者「三橋」氏が賢明に情報発信しております。

http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_adwords.php

時間が有る時に御覧に成られると私と共通する部分があります、参考に成るでしょう。

 

 

 

Posted on: 2015年1月30日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です