桂宮様が薨去されました、謹んでご冥福をお祈り致します「66歳」若すぎる、何故新聞休刊日の前日に?

国民の祭日>山の日が8月11日に決められた論理と同じです、翌日は新聞休刊日、もう御巣鷹山の慰霊登山、慰霊の園での合同慰霊祭の報道もされなくなるだろう、願っても無い日にちににその祭日を持って来た「猿の惑星」国家の証である。

せめて死ぬ前に「あの方」の慰霊祭出席の姿をTV画面で見たかったのだがその望みも絶たれた訳です、地獄に落ちる。

Posted on: 2014年6月9日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です