@地図ベクトル法による読み出しです、順に写真で掲載致します、何故そうなるのかについては多くの例が世界各地に有ります、月や金星にも或る事は周知の事実です、それが此処にも有るとお考え下さい、それは公式的には語られる事は絶対に有りません、 「不都合な真実」と言う分類に扱われている様です、つまり是は「日本の秘密」>「当家の秘密」>「私の秘密」なのであります。

お1

3か所の赤印仰角は皆同じです、130度です。その場所は非常に重要な場所です、「御巣鷹山」が富士山ーサンスポーツランド線上にある事を重視して下さい。富士山が世界遺産に登録=武甲山&宇都宮が世界遺産に登録されたにも等しい事だと「個人的」には解釈をしています。

ggg

御座山へ結ぶ下降線が正しく「直角」に成る様な場所にサンスポーツランドと伊奈町バラ園が有る訳です、3か所の仰角が130度である事は間違いなく驚くのですが、ここ「武甲山」の標高が「1304」mとしてある意味が大変に重要であります、つまり山の高さが1304=130&4と言う訳です。つまり平面的に130度が3か所にあり、此処では今度は高さに130の数値があり、+4=4月13日生れの私の4倍の〇そして13X4=トランプの種類に同期して表されている?

あ3

二つの場所に共通する物「モニュメント」がある、それは「ゲート」の造りが同じである、角かアーチかの違いはあるが色も白でほぼ同じです。

あ4

バラ園の上空写真を見て下さい、是は明らかに高空から見なければ模様が識別出来ません、現場で見ていますが、意味が解らないのだが上から見れば成程、・・・左周りの渦巻きも、右端にはクロス〇がフラフラと 動いて居る様な?不思議です。平面地図との誤差が実は3度あります。

あ5

最も重要と考えるのは、その構図に宇都宮の都市だけでなく「当家の門」と「パスワード」でもつながる事です、13は当然私の日にちであり、4か所は4月を意味しているが、更にこの「門」のつながりも否定できない事実です、大袈裟に言えば是は「日本の地上絵」「富士山」「武甲山」を含めた大掛かりな「大地への指紋」だと言えるほど見事にその相互関係が証明出来ている、それは絶対に「学校」「大学院」でも教える事は無い、日本の、当家の「私」の秘密とも言える新発見ですが、では何故是を描き出したのか?と言う本当の秘密については此処で書く訳には行きません。

しかし「御巣鷹山・図1」と「御座山・図2」の位置関係を見れば只事では無い事が容易に解る。

3月15日国分寺です一人でも多くの日本国民がその事実を知る必要があります、日本人として。

お待ちしております。

吉澤  稠

 

 

 

Posted on: 2015年2月15日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です