@1107=前日情報です、・・・米国利上げが近い、雇用統計の急回復、是で国際金融状況が一気に流動的に成る可能性が大きい、気が抜けません、何がどうなる?・・・「強い米ドル」の反動で、何が起きる、お楽しみに。

 

@1106飯能の「鉄腕アトム銅像」初めて行って見たのだが、「不思議」が一杯です。

飯能のアトム

天気が良いので急遽午後から出掛けた、最初は「宇都宮」≫「御料牧場」付近へ「気功通過」?後・・・実家へ立より、戻って「飯能市」にある「アトムの銅像」へ=初めて見る物だが是は不思議です、夕闇の中でフラッシュ撮影した物ですが、何が不思議か?

1>建立が「1983年」であると書いてある、「1985年」では無いのですが「123・119」度の傾きがある事です、如何見てもその後に発生する「御巣鷹山事変=123便撃墜」の予告があるとは思えませんか?・・・事実その筈、この「クーデター事件」は数年前から慎重に練られて実行された「政変劇」だったからです、・・・「ワープ」や「シンクロニシティ」等と言う論理では無いと思います。・・・誰が此処に「アトム銅像」を企画した物か?・・・・・謎が残るのだが。

2>是は「私」の個人的な「不思議現象」として紹介する、何故撮影時間が「左=18:55であり、右=18:56」なのか?真っ暗闇の中での撮影です、偶然なのだが、55~56=殿下の御年齢の事に成る訳です、更に驚きは「右=18:56」が何故その時間に成るのか? 「1985年」=「JAL123便撃墜時間」とピンポイントで一致する訳です、同行者に聞いてもらえれば解るが、一切時間を気にしてこの真っ暗闇で撮影した意識は無いのです。

以上の不思議はすべて帰宅後の分析段階で次々と発見された事実なのであります。

会場では更に「不思議」な事実も含めて全てをお話致します、御期待下さい。

 

@1102「地図ベクトル」図追加掲載します。・・・@1103下記ベクトル図に差し替えました。

決定伊奈

>驚きの構図が有りました、 「123度」&「132度」そして、 「43度」&「34度」が幾何学的ベクトルで封入されて居ました、「日本人」であるなら、その背景を良く考える必要があります。・・・意味の深い「陰陽」の構図が或るのです、何故???

>「日本」はそうまでして「真実」を伝える、?是ほど大掛かりな「大地への指紋」を残す事以外に後世に「真実」を伝える事が出来ない「野蛮な専制国家」だからである。・・・此処は「日本」では無いからです。 >・・・『日本を取り戻す』

「ローソン」と「ファミマ」は共にそれぞれの「真線上」を抑えて出店されて居ます。

・・・・・

@1102一夜明けて「驚きの報道」を知る、「伊奈バラ園」の隣に或る「伊奈学園高校」が吹奏楽コンテストで優勝だと言う記事を見て大変驚きました、私が昨日行った場所の隣です、この様な結果が出て来るとは夢にも思わず、友人から連絡を受け確認した今朝の「朝刊」です。

『伊奈学園高校』の皆様御目出とうございます、吹奏楽=予兆は個人的に感じていました、まさかこうなるとは、!!!

伊奈学園

この話には更に「続き」が有りますが、会場で公開を致します。

・・・・・

@1031「圏央道」=桶川北本~菖蒲白岡間が開通した、≫1101早速行って来た、「桶川加納」INT、で降りて更に近く成った『伊奈薔薇園』へこの場所が如何に不思議な所なのかを皆様に少しでも理解して欲しいからです、今秋の「薔薇の開花」時期を迎えていた、この施設の不思議さとと共に御覧下さい。

kkk

「宇都宮市」と「御巣鷹山」は動かせぬ存在=元からその場所に在った訳ですが、「サンスポーツランド」と「伊奈バラ園」は後から造営された物です、「1985年」の「御巣鷹山事変」の後と言う意味です、此処で出て来る「ベクトル」は明らかにその事を意識して構図されている、「宇都宮出身の私」に対して、「123便事件」を忘れるな、・・・なぜなら134=413=それは私の「数魂」だと以前から公言して来た、その数値が意識的に作り出されて居る事が解ります、その位置決めが二つの施設だと言う事がこのベクトル図で良く解ります。・・・・・「御巣鷹山」の位置に注目して下さい、それが基準に成って居る事が解ります。

DSCN3245

此処は種類の多さで、そして手入れの良さで楽しめる場所です、お勧めです。

ばら2

薔薇の花の美しさは此処へアップした「3枚」だけではとても表現出来ない、時間があれば是非皆様も行って見て見ると良いと思います。

看板

左は上空写真です、幾らかでもその不思議さが解るかも知れませんが、現地に出ている看板=右は更に不思議なデザインです。

圏央道「桶川加納」で出て約10分位で現地に到着します、是非皆様もこの地に行かれて「薔薇の花」の魅力と、不思議な場所、現地で体験をされてみては 如何でしょうか?・・・・・未だ間に合います、来年は6月頃が一番見ごろに成るでしょう。・・・日本人として決して忘れる事の無い様に「御巣鷹山事変敗戦」の悪夢を後世に伝えなければなりません、そして一人でも多くの日本人の皆様にあの「戦争」の悪夢の真実を知らせる必要があるのです。 どうしてこの様な方法でしか国民に伝えられないのか?????

もう一度言いますが、最初の「地図ベクトル」図について良く御理解下さい、くどいようですが何故日本はこの様な方法で国民に真実を伝えければならない状況にあるのかをお考え下さい。・・・・・これ以上の説明は「時事研修会」の会場でお話を致します。

 

@1029藤岡市民ホール「日航慰霊碑」について新発見です、緊急追加します。

F1

其処にある「慰霊碑」の設置位置が不思議、まずは地図で簡単にチェックすると以上の様に成ります。・・・二つのベクトルが出て来るのですが、其れを暗号変換すると=〇となる、75%+25%と言う比率で丸く収まる様に成って居た何故だ?

F4

解り難いかも知れませんが、上空写真から、「公民館」の敷地の角地に「建立」されている「慰霊碑」は何故か意図的にオフセットで建造されているのです、その理由がもしかして「私」?43度とは「私」の「数魂」なのです。・・・その前に慰霊碑実物を以下に、掲載致します。

F3

この写真で解ると思いますが「道路」と変な角度で建てられている、更におかしなことがある、「碑文」の最後です。 「となったことを」が正解の筈だが意図的に「となったこをを」=何故「こをを」なのか?=「呼応」であるとすれば「日光」と「宇都宮」=「当家」が「呼応」する事で「〇」と言う論理が成り立つ。 他に可能性として上野村の先「御巣鷹山」へ通じるトンネルの事かも知れない、・・・「虎王トンネル」と言うのが実在する、その事なのか?・・・複合的に、それは「虎の王」と「呼応」すると言う論理もある。・・・更に、それは「子」・「王」≫ 「王家の子」又は「故・王」の問題を提起しているとしても考えられます、「宇都宮系譜」の事である。・・・「日光」=「太陽光」=「Sigel」の「S」マーク=ルーン文字の「16番目」の事であります。

もう一つ考えて置かなければならない事がある、それは「トンネル」で「呼応」するとするなら、「ワープ」=「タイムトンネル」の事であるかも知れません、そんな馬鹿な!と叱られそうだが、今年は「2015年」その年なのです、JAL123便が何故3分間「ワープ」をしたのか?・・・現実に地上に或る幾つかの「パワースポット」の付近を飛行している、此処「藤岡」もその一つだ、他に「物語山」・「伊豆天城山」・焼津「高草山」・・・その謎は未だに何処からも公開されて居ないのだが、・・・・・

この「慰霊碑」に手を合わせて慰霊をすると、それは「日光>宇都宮」方面に想念が送られる様に成って居る訳です、良く考えられた建立に成って居る事が判明致しました。・・・・・あの「戦い」は「日光・宇都宮」対「野蛮人連合」と言う事に成るのです、信じられないと言う「常識派」の方々は是非「私」の研修会への御参加を頂ければ「100匹目の猿」の意味が理解出来る事に成るでしょう、お待ちしております、今社会がその様な方向性で大きく動き出して居ます、皆様の覚醒をなるべく早く実現して欲しいのです。

この後、藤岡から「宇都宮」へ急行、用事を済ませて戻って来た。

 

 

@皇室の動きが活発、「両陛下」は「富山」へ、「皇太子殿下」は「和歌山」へその隠された重大なメッセージが伝わります、余すところ無く皆様にお伝え致します。

21BJ

公開されている報道写真には21度のベクトルが構図されている。

@とうとう堪忍袋の緒が切れた?「米国」が動き出しました、イージス型護衛艦「ラッセン」が「南沙諸島」中国海軍の海上基地12カイリ内に航行を開始しました、その意味は深い、「虎の尾」を踏んだ野蛮人「*近*」さあどうする気なのか見物です、すべての日本国民は是から注目して見て行かなくてはいけません。・・・下図の詳しい説明は国分寺で公開します。

ラッセン

ネットに公開されて来た「ラッセン」をベクトル分析した物です、艦船番号「82」も驚きですが。

@アフガニスタンでかなりの「大地震」が発生したようです、是もまた何時もの様に「ベクトル分析」をしました、その詳しいお話は会場で致します、此処では下図以上の公開は出来ません。・・・1108国分寺です。

NDJ

ベクトル分析とは「震源地」を基準に主要各地へ直線を引きその分割角度を見る事から始まります。

 

@暗号手法としてほんの一例「下図」ご参考に、この表を頭に於いて縦横に利用すれば変則文章も描ける、その他「数値」には必ず意味があるのでなるべく多くの数値を「固有名詞」代わりに記憶して置く事が大切です。

表

 

 

 

 

Posted on: 2015年10月28日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です