@取締りと言う任務でやる警察の交通違反摘発作業なのだが、是を見て頂くとその背景がどうなって居るのか疑わしき部分を感じてしまいます、「当会」の趣旨とはやや反れる内容ですが、特定の標的に狙いを定めて取締りを実行する背景が見えないか?・・・・・読者の皆様も考えて見て下さい、そんな事実があるのか?どうかです。

交差点

此処は大きな交差点です、バスの後ろに着けて左折を待っていた私は信号が青に変わって左折に向かうのだが、自転車が此方に3台・その前に向こうに向けて2台横断歩道を通過中???

監視役

垣根の裏に隠れて「ポリ」そしてこの交差点を示す地図で考えて下さい。

皆様冷静にお考え下さい、警察は此処で何をしていたのか?「2台の男」対「3台の女」の自転車と、自分の前をふさいでいた「大型バス」と皆様が同じ所属の部隊員だったとしたら、是は確実に「罠」だと言う事に成らないか?私の車が自転車の前を通過すれば確実に「捕獲」される、私の動きは事前に上空ヘリや、友人との携帯電話の交信で補足されている前提がある事を考えて下さい、圏央道桶川加納を出て最初の大きな交差点です、「罠」を貼り待ち構えていた全員が「グル」で「私」を待ち構えていた、瞬時にその空気を感じ取り、意図的にじっくりと自転車をやり過ごしてこの横断歩道を通過したのです、待ち構えていた若い「ポリ」とは確実に「目」が合ったが悔しそうな眼をしていた。

自転車は2台と3台=23=213=123便・・・つまり「私」がJAL123便事件=御巣鷹山事変クーデターの追及をやる事に着いて「止めろ」と言う意味が込められて居ると理解する訳ですが、、一般にはこの話事態全体が「信じられない」事だと思うのですが、私の推測は絶対に間違いでは無いのです。・・・・・この国の「県警」はその様な動きを組織だって実行する素地があるのです、それは何故?「私」がそれなりの家系に居るからです、「私」を敵扱いをする訳です、国民の敵が「私」であるかどうかは会員の皆様が全てを御存知ですが、そうでは無い人達が居るのです。

1112「私」は上手く「罠」の網を抜けて「捕獲」されなかった訳ですが、実はその反動が翌日に有りました。

@翌日も友人と落ち合う事で「私」は狭山PAで待っていたのですが、何と昨日の報復で今日は「友人」が覆面パト化ー警察に「捕獲」されてしまった、汚い手口ですが手を出す事が出来なかった、つまり電話の盗聴が前提に在り、「ETC」カードの「GPS」機能で補足されていて追尾の上「捕獲」されたのです、皆様も御注意下さい、狙われたら絶対に逃れらえません。

パト化

友人の車が「捕獲」されて「狭山PA」に連れてこられた。

確実に昨日の私の「罠」で取り逃がした「報復」で友人が「捕獲」されてしまった訳です、ざまを見ろと言わんばかりに此処へ連れてこられた、友人の依頼で「写真」撮影をしておいてくれと言う訳で「捕獲」の証拠を数枚撮影して置いたものです。

pp

黒いクラウン「覆面パト化ー」である、警察には違反は無いが、大変気分が悪い「罠」の背景を感じ取れるからです。

何故此処で簡単に「違反」で捕まるのか?圏央道の交通規制標識の問題も背景にあるのです、高速道路で「標識」通りの速度で走る車は殆ど居ません、皆「100K」だと思って走って居るのだが、此処は厄介な作りに成って居る、部分的に「80K」制限区間がある、其処で殆どが「違反」として捕まる訳ですが、それより気分を害するのは狙い撃ちで「私」の代わりに「友人」が狙われた事です。

背景に「携帯電話」の盗聴・そして「ETC」内蔵の「GPS]による追跡で常時監視に置かれる事で必ずやられる訳です、皆様も充分に御注意下さい。

写真撮影の時間数値が又凄い事に成って居た、311・123・413・211の数値が出ていた。

警察等の妨害工作は巧妙に集団で仕込んで来るのです、今回は違反の取締の様に見せかけて「ゾーンディフェンス」の様な集団「罠」で、又は4~10台位の車で走行妨害をする、事故発生に見せかけて交通の遮断をする「ボトルネック」を作り出すなど多彩な手口で攻撃を仕掛けて来ます、全部の裏工作に「警察」が絡んで居る事は明らかです、車載カメラは絶対必需品であり唯一仕掛けられた事故の中で証拠能力を持つ「味方」に成ります、出来れば「電磁波計」等も必要。

皆様「警察」には充分に御注意下さい。

 

Posted on: 2015年11月17日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です