@月曜日出社して何かを忘れていると思いハットして気付いた事「御巣鷹山の犠牲者」そうだ「墓参り」だ、と言う事で早々に準備して会社を出た、11:00頃です、圏央道青梅から関越道ー上信越道ー下仁田で下車、上野村へ時間的な問題で何時もの「蕎麦屋」で昼食を先に済ませて『慰霊の園』へ「献灯」「焼香」の後写真を撮りましたが驚きの事態が発生していた、但し其れは帰宅後編集中に発見した、以下スナップ写真で説明を致します。

DSCN2336

『慰霊の園』モニュメントですが、中央焼香屋根の上に1個線香の煙を集めて丸くしたような「オーブ」です、更に上方には3個のピンク色の「オーブ」が出ています、最も驚きは左手にアーチ状に虹の様な「4本のオーブ」是が何故か「紫色」です、編集をしていてその異様さに驚きました、不思議です。この写真では見え難いのですが、中央への字型屋根の内側奥に暗く隠れて誰かが写り込んでいる様に見えるのです。もう一つ撮影時間末尾=1404=144〇と成ります、解ります。

@この写真に出て来た「オーブ」らしき物の合計=4・1・3個=4月13日「私」の誕生日の数値に成る事は偶然とは思えません「天界」の見えざる想念「宇宙意識」らしき物を感じます、「宇都宮」=「ウチュウノミヤ」出身ですからアリエナイ事では無い、俗に言う無意識の同期性=シンクロニシティの世界の話としても不思議です。

 

DSCN2338

上野村を出て国道299号線「志賀坂峠」を超えて「小鹿野町」へいつも素通りする小鹿神社の「大鳥居」何故か呼び込まれた様な気がして参道に車を進めた、「小鹿神社」である、「下り藤の家紋」そうなのかと思い合掌して来ました。

DSCN2340

本堂の左手に見慣れた「蔵」を発見?その屋紋を見てびっくり「宮」です、扉には「元宮」とある、中に収納されているのは当社の有名な「笠鉾」らしい、此処では其れを来月17~18日に春祭りで引き出すらしいのです、「笠鉾」ネットで調べたが是は間違いなく「ロケット」又は「UFO」か「彗星」の様子を「笠鉾」としてお祭りしている様に思えました。つまり此処は確実にそれらを飛ばす為の「パワースポット」である確信を持ちました。最近良く見かける「蔵」のCM電話会社等も実は是を示唆していた。

DSCN2339

「小鹿神社境内」を散策して遠方を見ると「武甲山」がこの様に見える訳ですが、私の以前に公開した下仁田サンSPランドと伊奈町の薔薇園を地図上でベクトル説明した物を見て下さい、この写真目線の立ち位置は「小鹿神社」でありその後方へ直線を延ばせば「下仁田サンSPランド」へ結ばれます、その線上に今「私」は立っている訳です、過去何回も通って来た国道299号線何故か一度も立ち寄る事は無かったが今日一人で車を走らせこの前で参道へ呼びこまれた訳が解りました。

@「武甲山」1304m=0413=4月13日〇=私の誕生日の標高に意図的に固定化した。何故?次回四谷会場で公開致します、皆様の御参加をお待ちしています。 この山こそ間違いなく「パワースポット」なのです。

CIMG3042

この写真は以前に撮影されたものですが、重要な事なので此処で紹介を致します、場所は長野県「南牧村」国道141号小海線にあるこの立て看板です何故「吉澤」?しかもご丁寧に字体を変えてまで其れを強調する意味は「私」です、実はこの場所と小鹿野町「小鹿神社」と伊奈町の「薔薇園」とは同じ緯度線上に位置するのです、つまりその事「事実」を私に知らせる為の立て看板「吉澤」なのです、現実にはこの地に昔から居る何故か同姓「吉澤」様と言う方の「米屋・酒屋」さんの立て看板らしいのですが、如何見てもその裏に誰かが其れを意図して意図的に立て看板を出している様です

今年は「御巣鷹山事変」クーデターから「30年目」絶対に手を緩めない多くの「正義感」が居る、世界中にね、「天界」も其れを私に告げる為、4・1・3の「オーブ」で伝えて来てくれました、良識ある皆様と一緒に真実の追及と共に「日本を取り戻しましょう」其れを政治に期待しても「政治家」は自分の身の保身以外に興味は無いのです、この国がどうなろうともまずは「自分」自己中心的な人だけが当選する選挙の構図と言う物が或る、金・政策や良心人柄等で当選するのではない。その事は選管が良く御存知です。

良き宇宙勢力・宇宙意識で「想念」の世界で社会を切り開いて行きましょう。

1230時事研修会

 

 

Posted on: 2015年3月24日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です