@後からもう一度検証をしてみた、「あの時」私は何故其処に居たのかを?その前に何時もの「地図ベクトル法」でもう一度調べて見て卒倒する事に成ったのです、御覧下さい。・・・ベクトル図の起点「右上」は目的地宇都宮の「お墓」です。

何処で525地震に

携帯の地震警戒警報が唸りだしたのは高崎JC少し手前の関越自動車道です、地図黒矢印の地点です。

@解り難いカットを公開した事を後から発見訂正の「カット」を以下に再度補充致します、「震源地」「宇都宮市」そして奇跡的な「ピンポイント」の「地震発生遭遇場所」の関係がより解り易いと思います、それでも一般には理解出来ない可能性がありますが、研修会場では「拡大投射」して解り易く説明を致します。

新525

各ポイントの「角度」と意味に尽いて説明が居る。

<19度=物語山>>>「当家」と縁が切れない場所・F19の数値でも或る。

<21度=下仁田>>>21=BJ=JBの意味がある、切り札とも言う。

<110度=高崎JC手前>>>丁度水平線から20度の場所!2重・2銃だ。

<119度=御巣鷹山>>>救急信号の数値。

5<130度=3<110度線と震源地との交差線角度>>>日本の基幹角度だ。

@震源地=牛重>2番>B>13・重=コード13番の「私」を意味します。

特に驚くべき部分がある、「私」が居た場所>110度=緊急番号の意味があります、同時に其れは高崎JC、少し手前丁度水平線から20度である、>二つ巴と言う関係は昔からある事を此処でも証明された。

当日誰にも言わず出掛けると言い10:30頃社を出た、「秩父」経由で「上野村」から「下仁田」に向けて動いた、つまりその辺で私の行く先を先行読みを入れて待ち構えていた?・・・是は普通の人の発想ですが、・・・現実には其れでは最初から狙って居た発生時刻14:28に110度の線上に来るかどうかは全く予測不能です、つまり、この結果は確実に神業意外に起こり得ない、・・・私の当日の動きは「天界」から操作されて居た、其の時間に高崎JC,手前まで絶対に到達してして居なければならない事を操作できるのは「天界」だけであります、恐らく一般には意味が全く通じない筈だと思うが、それ程「アリエナイ」ピンポイントの「同期性」現象が起きた、自然には絶対に有り得ません、其処に「神々」の存在を感じ取れます、「天界」は総てを御理解の様子であり、当日「私」の動きは正しかった、何故か会社にじっとして居れずに自分の意志で飛び出したのだが、・・・そうだったのか、~~~見えない手で操作されて居た!

@14:28分の数値は動かせない最初から決まって居た、「私」はその時間に「ピンポイント」で「110度」の場所に到達して車で移動中だった、其処で待っていた訳では無い「100km」で移動中だった、信じ難い何かが起きていた訳です。・・・通じない人には全く通じないお話ですが。

皆様に公開すべき事だろうと考えました。

時事研修会    吉澤 稠

 

 

Posted on: 2015年5月30日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です