@パソコンワードで羊歳と出て来る今年の干支=「未」も同じ意味ですが、一般的には「羊」を使うようです。

@「未」この場合の漢字の意味とは、後で出て来る2重十字架(キの様な)+人=「未」なのです、つまり干支の本来の発祥からすれば一般的にはキリスト教との関係を余り重視して居ませんが、漢字とキリスト教との係りは実に深い事が解ります、後で紹介を致します。

@世界中の言語学者が世界の言葉の語源が有るなら、現有する各国語から何が一番語源として古く相応しいのか?を調べたら確実に、それは「日本語」からだと言う結論に達しているつまり言葉・言語=世界の文化は日本が発症であるともいえる訳です但し其れは日本では絶対にその事を広める意図は無いのです、日本文化の優秀性・先進性等日本人に教育する姿勢がこの国の支配者層には全くありませんから、逆です、よく言われる「自虐史」だけを近隣からも怒濤の思想操作が実行され押し付けられて其れを黙認更に一部には迎合する売国奴も居るからです、でも日本人の皆様もっと勇気を持って日本人である事に誇りを持って生きて下さい。・・・不幸な時期に日本人「愚民化政策」が実施され多くの子供達から思考力が一気に低下して現在に至る訳です。

@「羊」の文字から出て来る幾つかの考察と「私」の個人的な解釈も含めて以下御覧下さい、学校では教える事が無い事実です。

h1

h2

@幾つかの「漢字」を分析すると上の様に意味が出て来る訳です、つまり漢字文字と「キリスト教」との関係を無視出来ません、それはどちらが先か?と言う問題に言語学者が結論を出しているのですから疑う余地は全く無いのですが、では日本人に「モーセ」について質問した場合知って居る人は半数も居ません、「ヨシュア」とは何?と言うと全く知る人は居ません、何故でしょう「キリスト」も「モーセ」も実は「ヨシュア」の墓も日本に有るのにその事も殆どの人は全く知らない筈です。

私はその全部の墓を知って居ます「訪問」して居ます、日本人が何処から来たのか?何故それ程「優秀」なのか?日本人は何故その事を全く知らされていないのか?教育されて居ないのか?その問題を追求すれば、この国の大きく間違えた政治体制、国家体制、教育問題に行き着くのです。

今回表示の幾つかの「漢字」の分析から良く考えて見て下さい、貴方の知識と教え込まれた教育は一体何だったのか?真実とは一体何なのか?一つだけ明言致します>>>「真実は自分で探す」それ以外で真実を見出す事は無い、今社会は「嘘」と「洗脳」に溢れています、明日の日本の為に騙されないで下さい、真実を自分自身で探しだして下さい、より良い明日の日本を築く為に、子や孫達に残して行く為に今貴方の覚醒が必要な時なのです。

「ホツマツタエ」秀真伝や「竹内分書」を見れば遠く超古代の物語が見えて来る、その様な書物が現存する国は有りません当方もなく古い時代から積み上げられてきた「日本文化」を黙殺するセクトが居る。 「磨製石器」の出土状況からも世界の文化の発症が日本であると言う事は「定説」に成って居る、参考に紹介したい場所がある、千葉県成田近郊「岩屋古墳」の資料館へ行けばその現物が見られます、展示物を御覧下さい、当会でも又「遠足」を予定企画致します、行きたい方は申し出て下さい、随時催行致します。

私と共に「1230時事研修会」で真実の追及を致しましょう、今です、早く彼方からお目覚め下さい。

世界平和の為に貴方の探究心が必要なのです。

1230時事研修会

主宰者  吉澤  稠

 

 

 

Posted on: 2015年3月16日 | Author: shigeruyosizawa
Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です